契約書のタイトル

こんんちは。

愛知県豊川市の行政書士おおいし法務事務所の大石法良です。

契約書を作成する上で、まずはその形から見ていきましょう。

契約書の形

一定の類型の契約を除き、~の内容、~の順番で書きなさいという事は法律には定められていません。つまり、決まった形は無いという事になります。

契約書のタイトルに関しても、1行目や表紙に「○○契約書」と書かれているのを見た事もあると思いますが、『契約書』でなくても『覚書』『合意書』というタイトルでも問題ありません。

とはいえ、通常は、その内容を表したタイトルを付けることになります。例えば『売買契約書』『賃貸借契約書』といったタイトルです。もちろん、上記のように『契約書』でも『合意書』でももっと言うと『機械売買契約書』でも構いません。

ただ、今後の取引について積極的な効果を期待するなら、全ての取引の基本となる重要な契約書であれば『取引基本契約書』としたり、売買の継続を望むのであれば、『継続的売買に関わる基本契約書』といったタイトルを付けると、相手方の一方的な供給拒絶に対してのけん制にもなりえます。

関連記事

  1. 収入印紙 契約書の内容~印紙~
  2. ゴリラ 悩み 契約書の表現について
  3. 荷物 契約書によく使う条項
  4. ビル 公正証書による契約書
  5. 契約書の内容~前文から記名・押印~
  6. 押印 契約書 契約書ってホントに必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP