行政書士ってどんなことをするの?

靴とネクタイ

行政書士の仕事

  1. 官公署に提出する書類の作成、提出及び受領通知の受領
  2. 権利義務に関する書類の作成及び必要な手続き代行
  3. 事実証明(実地調査に基づく図面類を含む)に関する書類の作成
  4. 作成できる書類に関する相談業務

ちなみに、

  • 『弁護士』の仕事は、法律相談、裁判、交渉など、法律事務全般です。
  • 『司法書士』の仕事は、登記、供託(国の機関にお金を預ける事)などの手続きです。
  • 『税理士』の仕事は、税務整理や税務に関する書類作成、税務相談などです。
行政書士と弁護士の違い

紛争性がある案件については、弁護士にしかできません。(遺産分割協議の代理人や、遺産分割の争いに関する法律相談)

行政書士と司法書士の違い

登記に関すること、家庭裁判所に対する調停、審判の申立書の作成については司法書士にしかできません。

行政書士と税理士の違い

税務申告については税理士にしか出来ません。(相続税の申告、確定申告)

このように、それぞれの士業において明確にできることが決められています。ただ、逆に言うと、それぞれの法律で特定されていない業務については、行政書士の業務として行うことができます。

行政書士ができること

では、行政書士にできることとは何か?よく「身近な街の法律家と表現されます。弁護士業務との兼ね合いもあり、「法律家」という言葉には是非両論ありますが、今では多く使われています。

行政手続きを大きく分けると次のように分類することができます。

1.企業法務
  • 株式会社、持分会社や一般社団法人などの法人設立手続き
  • 契約書の作成・チェック業務
  • 会計記帳業務、融資業務、補助金・助成金手続き
2.市民法務
  • 遺言書の作成サポート・相続業務、後見業務
  • 各種内容証明、離婚協議書作成業務
  • 交通事故の際の後遺障害等級認定サポート
3.国際業務
  • 留学生の手続き
  • 外国企業の日本での法人設立手続き
  • 各種ビザに関する手続き、国際結婚手続き
4.許認可業務
  • 建設業、飲食業、宅建業、産業廃棄物処理業、酒類販売業などの許認可手続き
  • 農地転用など農地法に基づく許可申請・届出
  • 建築許可、開発許可など都市計画法に基づく許可申請手続き

などなど。

行政書士ができる代表的な業務を大まかに分けると、このような分け方が出来ます。尚、これ以外にも行政書士ができることは他にも数多くあります。

行政書士ができないこと

繰り返しになりますが、他の士業(弁護士、税理士、司法書士など)が権限を持つ分野に関しては、業務を行うことができません。

1.裁判に関すること

代理人、裁判所への書類の作成はできません。これらは基本的に弁護士しかできません。調停や訴訟に関すること、アドバイスも同様です。当所では、内容証明や示談書であっても、紛争性のある状態(揉め事が起きている状態や起きそうな状態)の場合は弁護士をご紹介します。

2.相手と交渉すること

示談の交渉や説得などは基本的に弁護士にしかできません。交渉のアドバイスをすることもできません。慰謝料の減額に関するご相談はすべて、弁護士をご紹介します。当所では、示談の場に立ち会ったり、相手を説得するようなご依頼はすべてお断りします。

3.会社や土地の登記

法人登記や土地・家屋の登記などに関わることは司法書士、弁護士にしかできません。

4.税金に関すること

相続税対策や節税に関することなどは、基本的に税理士や弁護士にしかできません。

尚、行政書士で扱えない案件は、弁護士事務所、税理士事務所、司法書士事務所をご紹介させていただきますので、判断ができない時は、一度ご相談ください。

関連記事

  1. 始め 本格的に始動です
  2. カエル 嘆く ホームページ制作奮闘中!
  3. ひらめき 老いた!写真
  4. フライヤー 8月ですね。
  5. 大石法良 ブログ開設および開業準備のご挨拶
  6. 建設業許可関係業務
  7. スマホ パソコン 7月開業予定
  8. 自己紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP